玩具の家と紙幣

将来困らない生活を送りたいならマンション投資をしよう

女性

保証契約の利用

賃貸保証会社を利用すれば、連帯保証人が見つからなくても希望する物件への入居が出来るようになっていきます。オーナーにとっても、家賃の滞納と原状回復についてを保証してくれますので、何も心配なく貸せるというメリットがあります。賃貸保証会社で賢く賃貸契約を実践しましょう。

男女

急速に増加する家賃保証

家賃債務保証というシステム自体が近年始まったばかりの仕組みのため、これから法整備が行われる可能性はありますが、信頼の高い保証会社を選べば貸主も借主もお互い利益を得られる画期的な形態であることは確かです。賃貸契約は個人の信用だけが契約の条件ですから、両者が納得出来る内容である必要がありますね。

マンション

長期的な資産や家族のため

マンション経営は、老後の年金にプラスした収入が得られるので人気になっています。もしものことがあったときの生命保険のかわりや、節税対策としてスタートする方も多いです。物件の選び方や銀行のローンについては、専門会社に任せることが成功のコツです。

家賃保証でマンション経営

積み木と紙幣

マンション投資を始める時に一度は耳にするのが「一括借り上げ」や「サブリース」です。どちらも同じ「家賃保証」という意味あいがあります。マンションを完全に自分で経営する方法もありますが、普通は専門的な部分は外部に委託します。一括借り上げとは、マンションの経営を完全に外部である不動産会社(サブリース会社)に委託してしまうことです。委託された不動産会社は、第三社に転貸し、家賃を得ます。そして手数料を引いた分が家主の元に入る仕組みになっています。家主の取り分としては、普通にマンション投資した場合の80%程度です。収入は少なくなりますが、借主がいてもいなくても、毎月安定した収入が手に入るのがメリットです。

一括借り上げは家賃保証があるのが魅力です。マンション投資初心者の場合は、どうしても空き室が出てしまう不安があります。しかし、不動産会社にサブリースすることで、経営の不安から解放されます。一括借り上げを不動産会社に依頼するには、まず投資用マンションが必要です。最近では投資用マンションとサブリース契約をセットにして売り出しているケースも見受けられます。すでに経営しているけどうまくいっていないマンションを、不動産会社にサブリースすることも可能です。ただし、その場合だと家賃保証が低くなったり、契約期間が短くなったりする欠点があります。サブリースをするなら、することを前提にしてマンション投資を始めることが大切です。