模型

将来困らない生活を送りたいならマンション投資をしよう

保証契約の利用

女性

保証会社の概要

賃貸保証会社を利用すれば、連帯保証人を立てることもなく、気軽に希望物件への入居を行っていけるようになっていきます。事情があり、連帯保証人を立てることが出来ないような方でも、賃貸保証会社を利用することで、保証委託契約を締結し、気軽に希望の物件への入居が可能になってきます。核家族化が進み、賃貸物件への入居の際に保証人を探すことが難しい場合も珍しくは無くなってきています。貸主にとっても、家賃の滞納等の心配もなく賃貸を行うことが出来るようになり、間違いの無い賃貸物件の運営が出来るようになるメリットがあります。賃貸保証会社を賢く利用することで、自分が希望する物件への入居が容易になってくるのです。詳しくは物件の管理会社に問い合わせを行っていきましょう。

賃貸保証の範囲

賃貸保証会社の範囲は、入居予定の物件と管理会社によって異なってもきます。一般的に賃貸保証会社の適用範囲になってくるのは、家賃滞納に関する部分と、原状回復についてになっています。保証会社へ支払う保証料金については、慣例では家賃の1ヶ月分が主流となっていますが、詳細については、貸主に問い合わせをしてみるのが良いでしょう。賃貸保証会社を利用していくことで、希望物件の選択肢が広がっていき、希望の物件への入居に関する手続きに悩むことが無くなっていくものです。また、保証制度を利用することで、万が一家賃の納付が遅れてしまったような場合でも、保証会社がオーナーに立替を実施してくれますので安心です。賃貸保証会社を利用することで、連帯保証人がいなくても希望物件に柔軟に契約を行えるようになるのです。