模型

将来困らない生活を送りたいならマンション投資をしよう

急速に増加する家賃保証

男女

利用する場合の注意点とは

家賃債務保証とは、賃貸住宅の契約において、貸主は貸しやすく、借主は借りやすくするために設けられた保証です。万が一家賃滞納が発生した場合に備えて、従来では連帯保証人を立てる方法が一般的でしたが、近年は連帯保証人を依頼するのが難しくなっており、貸す側も借りる側もどうやって信用のおける賃貸契約を締結出来るかという点に頭を悩ませています。そこで考え出されたのが家賃債務保証サービスで、保証会社が間に入ることで、家賃滞納の場合には保証会社が貸主に立て替え払いを行い、後日借主に対して立て替えた金額を請求するという仕組みが生まれました。これを代位弁済と言いますが、貸主は連帯保証人がいなくても滞納のリスクを回避出来るメリットがあり、借主は連帯保証人を頼みづらくても家を借りやすくなります。ただし、当然ながら家賃債務保証を請け負っている保証会社はビジネスなので、立て替えた後の借主への取り立ては厳しくなることは否めませんし、まだ新しい業態なので、監督官庁がなくさまざまなトラブルも起きていることは知っておいたほうが良いでしょう。

連帯保証人と併用の場合も

実は連帯保証人を立てたにも関わらず、家賃債務保証会社を利用することを義務付けるケースも増えているようです。賃貸住宅の仲介を行っている会社が家賃債務保証業務も行っていて、保証料を確保するために自動的に徴収する側面もあるようです。もちろん、借りる側がムダな出費を避けたい場合はそうした条件の無い賃貸物件を選ぶ必要がありますし、連帯保証人さえ立てれば問題ないだろうと思わず、きちんと契約内容を確認することも重要です。新規参入会社も多く、前述の通り監督官庁が無いため今後規制が敷かれる可能性がありますが、業務適正化のために自主規制を行っている保証会社の協会などもあるので、信頼性の高い会社を選べば非常に利用価値の高いシステムと言えます。